パーティードレスの選び方は催しに合わせることが大切

催しに合わせた服装はとても大切で、雰囲気にそぐわない格好で出掛けてしまうと、常識を知らない人と思われかねないほど人は服装を見ているものです。
女性が着用するパーティードレスには種類がいくつかあって、とても豪奢なものから控えめなものまであります。


どのように選べばよいかと言いますと、催しの主役が誰であるかと、仕事とプライベートのどちらかということで選ぶと失敗が無くなります。

結婚式にお呼ばれした時には、親戚や友人など自分に近しい人の結婚であれば、華やかなドレスでも問題がありません。

花嫁よりも目立ってしまってはNGですが、ある程度の色使いやきらびやかさも許されます。



しかし、ビジネスの関係で呼ばれた結婚式の場合には、パーティードレスよりもジャケットとスカート、あるいはジャケットとワンピースなどのフォーマルスーツが適しています。この場合の主役はビジネス相手とその親戚やお友達ということになり、参列されている方たちよりも控えめになる服装であることが肝心です。


自分が主役となりパーティードレスを着る機会、誕生日会であるとか演奏会を行うときなどには、ロングドレスなど目立つデザインのものがおすすめです。販売されているパーティドレスには海外輸入品のものも多くあります。



この場合、規格が日本製のものとは異なるので試着をして購入するようにしましょう。



特に袖付きのドレスは長さや幅が合わないことが大きので必ず確認してから購入するべきです。


大阪のレンタルの和装情報を調べられるこのサイトはオススメです。

スクラブスの医療用ユニフォームが最近こちらで話題になっています。